工具.navi

工具.navi ≫ 接着剤

2014/10/1 更新

接着剤

接着剤はさまざまな種類があります。それぞれに決まった用途がありそれ以外のものに使おうとするとうまく機能してくれませんので注意して下さい。

種類

合成ゴム系接着剤

硬化したあとも固くならず、柔軟性を保つ性質がある。皮革、合成ゴム、布、硬化プラスチックなどに使用出来る。

ゼリー状瞬間接着剤

瞬間接着剤よりも接着に時間がかかるが付け直しがきくぶん使い勝手がよい。家の中の小さな壊れ物にはほとんど対応することが出来る。陶磁器、木材、硬化プラスチックなどに使用できる。

木工用ボンド

木と木を接着するのには最適な接着剤です。接着には速くても1~2時間かかります。木材、布、紙などに使用できます。

エポキシ系接着剤

化学反応によって硬化するタイプの接着剤です。金属、ガラス、陶磁器、タイル、石、コンクリート、木材などに使用できます。

屋内コンクリート面用接着剤

釘の打てないモルタルやコンクリートなどに向いている。タイルを貼るときにもよく使われます。

発砲スチロール用接着剤

ほとんどの接着剤で発砲スチロールを溶かしてしまいますので、専用を使うとよいでしょう。

クロス用接着剤

壁紙がはがれてしまった時に使うと便利です。

ゴム用接着剤

一般的にはタイヤのパンク修理などに使われます。

使用するにあたって注意すること

接着剤は決まった用途があります。木工用で靴の修理を行ってもすぐにまた壊れてしまいます。きちんと使用出来るものを理解して使うことが重要となります。そうすることでうまく接着できますので上記を参考に購入して下さいね。

 

おすすめWEBサイト 5選

ヤマト運輸
http://www.kuronekoyamato.co.jp/
青の洞窟
http://www.voiceplus.jp/

2015/4/2 更新